アイピルでも副作用が辛い

アイピルの副作用

アイピルは副作用が少ないことで知られていますが副作用が出てしまう人もいるみたいです。
私はアイピル以外のアフターピルでは副作用が強く出てしまいましたがアイピルでは全く副作用が出ませんでした。

でも、中には副作用を強く訴えている女性もいるみたいです。
そこで今回はアイピルの副作用と対処法について調べてみました。

アイピルで最も多い副作用

アフターピルで最も多いのが吐き気だそうです。そしてアイピルも同じで副作用で最も多いのが吐き気なのだとか。
他にもアイピルで起こりえる副作用が頭痛、倦怠感、おっぱいの張り、酷い時は嘔吐をしてしまう女性もいるようです。

副作用の原因はホルモンバランスが乱れることで起こります。もともと体にあるホルモンバランスがアフターピルを飲むことによって偏らせることによってバランスを壊して副作用が起こります。
副作用は1日、2日ほどで回復しますが人によっては数日つづく人もいるようです。

副作用が起こらない為に気をつけること

アイピル服用時に副作用を悪化させないために
副作用は極力抑えたいですよね。じつはアフターピルを服用前に軽く食事をするのが効果的なようです。特に吐き気を抑えたいのであれば、空腹時の服用ではなくお腹をある程度満たしてから服用した方が良いようです。

しかし、空腹時に避けていただきたい食べ物がグレープフルーツです。グレープフルーツは薬の成分を強くしてしまう効果があるのでグレープフルーツが入った食品や飲料は避けた方が良いようです。

副作用が起こった場合

アイピルで副作用が起こった場合は、症状になった市販のお薬を飲むことも良いようですよ。
例えば頭痛が起きたら市販で売っている頭痛薬、吐き気ならば吐き気止めなど、症状に合わせたお薬を飲むのもいいかもしれません。

アイピルは市販の薬の影響は受けないと言われているので市販の薬であれば服用が可能のようです。