生理が遅れることはアイピルの副作用ではない

アイピル服用後生理予定日は遅れない

アイピルを服用するとホルモンバランスが崩れてしまい生理の周期がバラバラになってしまう可能性があります。体にそれほどの負担をかけるのですから仕方のないことなのですが、それは副作用として生理の周期がバラつくことは了承しておいてください。

しかし、生理周期が正常な状態でアイピルをしたことで、生理が遅れるということはよっぽどのことが無い限り、ありませんのでそこは覚えておいてください。

消退出血は本物の生理ではない

アイピルを服用後に人工的に生理を起こします。生理と言ってもおりもの状の少量の経血で、消退出血という出血です。この出血は妊娠が回避できた際に起こります。

しかし、消退出血以外にも不正出血という出血もあり、不正出血の場合は妊娠超初期の場合に起こったり、膣が傷ついているときに起こります。
アイピルを服用後、出血があった場合でも一概に消退出血と言い難いのです。

出血した日数と出血量で判断する

消退出血の場合はアイピルを服用してから3日後から3週間以内に出血が起こります。少量の出血が数日から2週間ほど続きます。しかし、不正出血の場合は、服用から3日以内に起きることもあります。また、不正出血は鮮血の場合が多いと言われているようです。

アイピル服用後に出血に対して気になった場合は病院を受診することをお勧めします。

生理予定日より早く生理があったら避妊できている

アイピルを服用して消退出血なのか不正出血なのかはっきりしない場合、避妊を確かめるもうひとつの方法が生理周期です。アイピルを服用した後に生理周期が通常通り、または早まってきた場合は避妊に成功したということです。

しかし、予定日を過ぎても生理が起こらない場合は妊娠している可能性があります。妊娠検査薬は妊娠してから3週間目には使用ができるので気になる方は妊娠検査薬を使う、または病院を受診したほうがよいでしょう。